スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コダック フイルム



時代が180度変わった、映画を作るのにkodakのフイルムが無いと出来ませんでした、此れらの16ミリは1975年頃水中ケース用にハリウッドで買いました。そしてサンセットでマイクパーパスを撮りましたが、後にベルジイランド迄流され水中カメラはダンマーケルに頼みました。亡きクリス オルークもーーー映像で生きてます。要するにコダックが有ったからこそ、世界中の文化や芸術の発展に力を与えたでしよう。私は1964年にハリウッドに在る広大なコダック家のクリーン アップでONE ウィーク仕事しました。夢の夢の世界でした。コダックを見るとたとえCanonが優れていてもKodakを買ってしまうのです、会社がなくなっても創り上げた文化は永遠です。
スポンサーサイト

相次ぐSAD NEWS


1968年ハロルド イギーからは サンタモニカでウエバーの新しいシェープの仕方とシェイピングマシンを見せてもらい、それ以来、リンボイヤーのボード、そしてロビーナッシュは息子の関係で、とにかく、ハロルド イギーとは ずーっと 続いた シェープの先生でププケアにある自宅に泊めてもらい,サーフィン人生の勉強をしました。



120111_1827~02-1坂田氏の御通での会場でTEDのボードが飾ってあり、坂田サーン本当に有難うございました ご冥福をお祈りいたします。

私にはサーフィン業界では先輩と呼ぶ方が少ない中、昨年からレロイ グラニスさんクラレンス マック マキさん そして イギー 坂田さん相次ぐ訃報で寂しい

ホーキパでロペスさん と

1983年位のホーキパでオニールカップが開かれ私はジャッジとしてパットオニールから呼ばれついでにジュンを勉強???のため学校を休ませても連れてった、ナンシーのおかげで一軒家 朝食つき 1日 10ドル最高だった、大会中は大変だったけれど ロペスやポールに世話になりジュンにも私にも人生の中で最高に勉強になった。

サーファーと言えなかった時代

長沼氏は風邪のために出席出来ず、他の 出川氏、阿部氏、川南氏、楽しかったな~と言うより 面白かった 話しが終わら無いもんなーサーフボード作りの情熱だな~飲み会は 鵠 で

江戸っ子

いよいよ 江戸っ子に 戻る 挨拶を神田明神に、NHKでやってたけれど 神田明神は 日本で始めての 鉄筋神社なんだって やはり地震とかいろいろ。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。