スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MALIBU

histry20014[1]
1968年マリブの素晴らしい大きな家が建っている住宅地の入り口です。

ここの中間にSTEEVE PELIN(厚木の基地にいて日本のサーフィンをアメリカに紹介していた)の家があり
弟のJYOJYOはDEWEY WEBERのライダーですから私にとっては最高でした。

64年から急激な変化をAMERICAで見てましたので、マリブの生活はとにかく夢、そして夢でした。

この時WEBERとも親しくなり、似ていると言う事でHALOLD IGGYを紹介してくれた
日本に帰ってから彼と同じSHAIPING MASHINをつくった。

この写真を撮ったのわ故河本大臣の次男の二郎さんでした。

<< 白里店訪問 - カイト サーフィン | ホーム | 太東 >>


コメント

六歳!

テッド阿出川さん、こんばんわ!

1966年、僕は六歳です。
父の赴任先の豪州に着いた年です。
マッチボックスがある近所の雑貨店。
入って見上げるとホコリを被ったB29が見えた。
テッド阿出川さんのリアル・タイムに感謝致します。

ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。