スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leroy Grannis

leroygrannis.jpg

NARU 58号でグラニスさんの近況を知り吃驚した。親類、他人にだまされ今老人ホームにいると言う記事。毎年のクリスマスカードが届くし、つい最近もドイツのパブリッシャーが写真集を出版すると言う嬉しい便りも頂いた。近頃雑誌でも彼の写真を多く見かけるので豊かな晩年を奥さんのKATEと過ごしているとばかり思っていた。彼の歴史的価値のある写真の数々はどうなっているんだろう。私たちが彼に始めてあったのは1960年末頃だと思う。未だ電電公社?の仕事をしながらサーフィンフォトグラファーとして活躍していて、ハモサビーチあたりのたくさんのサーファーと仲良くなれたのも彼のお陰だ。写真を数点譲ってもらい日本でポスターとして売り出したりした。寒い時期になると彼が借りていたノースショアーのログハウスに娘二人連れ居候したのも懐かしい思い出だ。上の写真がそのときの物。マイク パーパスが一世風靡していた頃。朝早く散歩でビーチに出、日本で高く売れるプーカシェルを拾って歩きネックレスを作ったりした。ログハウスの天井にゲッコーが何匹もへばりついていて怖い思いも懐かしい。グラニスさんはワイメアに波があがるとロングボードの先に木で作ったハウジングを載せ果敢に沖にパドリングして出て行く姿がいまだに目に焼きついている。仲のいいご夫婦で数年前サンディエゴの紅花で待ち合わせお会いしたときも二人で見え
懐かしい思い出話に花を咲かせた。お会いしたときから白髪でお年を聞きそびれたままの年月だったけど私たちの憧れのご夫婦だった。第二次世界大戦前からのかっこいいカルフォルニアのサーフィン文化が伝わる貴重な写真の数々、お宝として保管されていくこと望むばかりだ。
それと、サンディエゴでお会いしたとき、日本の雑誌社、スポーツ店何社から彼の写真を使用した代金が支払われないとこぼしていらした。こうした知的財産に対する日本人の考え方にも問題ありと考えさせられた。今、彼の写真集はAMAZONで数万円の高値がついていると言うのに、
年寄りをだます手口は世界中同じなのかも。

<< 刷毛 | ホーム | 久しぶりのハワイ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。