スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大至急、真ともな政治家が必要

DVC00026.jpg

政治家を、大至急なんとかしないと、海がコンクリートになり、サーフィンが出来なくなる日も近いかもしれない、僕のプログでも書いてありますが、シーイーグルの吉田さんの感覚を私達も、もっと、ワッチする必要があったとおもう。
みんな、もう、決まっている事を、話し合った、とか、ただ現場をやってる人達は図面どうり、やるだけですから。
ダムにしても、例えば、あと車をつけると、走るのに、すべてストップしたり、そこでの、生活がダメになりますよね。
かって世界選手権まで行なわれた、河口が、テトラのおかげで、波がなくなり、人が減り、商売もダメになり、町が終わりました。
そういう処があるのに、今度はサンライズの方ですか、土地まで買って来たのに、サーフィンが出来ないととなると総理大臣が税金を納めなくとも平気な人ですから、我々平民には、どうしたら、、、、何ができるのだろう。
とにかく、このような写真の光景が永遠につずきますように。

<< 楽しみ | ホーム | 料理スクール >>


コメント

有史以前から創られてきた長い砂浜がこんなに短い年月で消滅するのは不思議ですね。
それで素人ナリに考えたことですが、海岸近くまで人工物、家や、道路もろもろのものが出来て、陸上からの砂の補給が自然には出来ず削り取られるばかり。また海上にまで人工物を造り、流れを変えかえって早く砂浜を減少させている気もします。砂浜は波によって海底の砂が打ち上げられ、また自然に陸上から補給されたり、自然の川が土砂を山から運びして創られてきたと思うのです。堤防を造るならその金で手っ取り早く山砂を海岸に撒いたほうがいいのでは、なんて思いますが。素人たわごとでしょうか。

とりあえずやってみました。

事業仕訳の民主党蓮舫議員、テレビ番組の「大田総理」・「たけしのTVタックル」のホームページに次のような意見のメールを送りました。
テトラポットの海への投入工事、コンクリートによる川の護岸工事は、公共工事で儲ける人たちのためだけものではないかという疑問があります。日本の海や川の自然破壊、景観破壊になっているのでは、ないでしょうか。本当に必要なのか、他に方法はないのか、学者も含め議論してほしいです。

提案の一つとして

思いついたことを書いてみます。
テトラポット工事の中止を求める要望書を、いすみ市サーフィン業組合さんで、観光協会にも呼びかけてみて、市民の方やサーファーに呼びかけ署名を集め、内閣総理大臣、国土交通大臣、民主党、社民党、国民新党、自民党、千葉県知事、千葉県議会議長、いすみ市長、いすみ市議会議長、事業仕訳していた国会議員に要望書を出し、期限付きで文書で回答を求める。あらうるマスコミに要望書や回答文書を公開し、議論を取り上げてもらい、議論を盛り上げ、活動を日本全国のサーフショップや環境団体に拡大する。
うわさの事件簿(日本テレビ?)などに取り上げてもらうなど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。