スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の宝




このBLUEと言う本に日本サーフカルチャーの夜明けがあります、これは全て事実を書いていますので、それでいて大変面白いですからご期待ください、今月号ではクイーンズの写真がありますがクラレンス マキさんが一緒に沖へ出て撮ってくれました、日本からサーフィンのためにここでライデイングしたのは始めてと言う事で2人ともはりきったのを覚えています、現在は病院です、今回は調べ事がいろいろとありました、それからカウアイ島でボデイーグロウーブのカタマランを見ました。
カラカウアではなんと言ってもFINEガールのファッションがおかしい位ーーーーーーーーー。
お皿に関しては趣味がありますから、語りません。
付き合いがオヤジからセガレにと本当に世代を超え、そして何より芸術家、まで、とにかくLINの両親から逆に御礼を言われ、良いお付き合いが一番大切だと今でも思っています。

<< no title | ホーム | なんだ!この寒さは。 >>


コメント

BLUE楽しく読ましていただきました。
次号も楽しみにしております。

実はBlueを買ってもう何日か経っています。
もったいなくて一気読みしていないのです。面白くてて楽しくて
又時には涙ぐみ。。 これドラマ化されればいいのに。。

単なる一読本ではなく、中身の農耕なドキュメント!!
まるで連載を楽しく待っている様な気持ちで毎晩寝る前に
少しずつ読ませて頂いています。 長ーい!(笑

ひとつひとつに感銘を受けています。 TED 有難うございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。