スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイ アンナさん



いやー逢えてうれしかったなーしかも彼女のかわいらさは昔とかはらないし話の仕方も物事にもハッキリした言い方も昔と変わらない私と同じようにGOODな人生だねーーーーーご主人は三原綱木氏です。
彼女はあのサーフィンライフでリン ボイヤーの声を日本語で話してもらいましたこの時は江古田にある日芸の映画スタジオでした研究生が12人で食事は私もちで丸山先生と大須賀先輩のお陰で映画が出来たのでした先生も1人でここまでやったのは阿出川が始めてで先生も喜んでました、もう1人日芸の先輩に上江さんという赤坂で旅行会社を経営してましたそこでケイさんと会い映画の話が決まりました、その後お礼は確か赤坂のメキシコ料理でした1977年の事でした映画の成功知らせることなくとにかく年とともに気になってしようがありませんでした、今回で気が晴れました、次回ハワイ行ったときはダウンタウンの上江さんの弟がやっている寿司やへいってみよう、最高だから、リンとの録音のときは車をお借りしました、話はつぎから次へと出て来ます、ハワイでの撮影で場所を変えての時お金が無くなりお土産売りの女の人3人部屋に泊めてもらいノースショアの撮影は成功でした。
上江さんはその後ハワイへ渡りクアロアランチを大成功させ現在はタクシーの運転手してるとの事2年前アラモでケイさんが偶然それに乗りTELなどを聞こうと思っていたのが、あっというまにADIOS
マイケル柳田さん今回彼女と会える様にほねを負って頂き本当にTHANK YOU VERY MUCH
















<< なんと言ったらいいか大変な事です | ホーム | 海も川もイスミ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。